だねだね子育ね

子育て経験、日常の楽しいこと、役に立つこと、を紹介していきます。考え方や対応の仕方で、子育てって楽しめちゃいます。ミニマリストを目指しながら日々子育てを楽しんでいます。

主婦のわたしが発熱したらわたしが困らないように、準備したもの3つ

いつ、だれがコロナウイルスに感染してもおかしくない毎日。 ふと、思いました。 私が発熱したら、誰かごはんを作ってくれる? 家族が発熱したら、私がお粥を作ってあげられるけど、私がたおれたら? 男性ばかりの家族なので、あまり期待できないわ。 息子を…

子どもの心をそだてよう4 〜保護からサポートに変えよう〜

生まれたばかりの赤ちゃん、何もできません。 だから、お母さんの保護が必要です。 お母さんは赤ちゃんが何もできないかわりに、面倒を見ていきます。 赤ちゃんの面倒をみることは、赤ちゃんが大きくなったときの、人格形成に大きな影響を与えます。 たくさ…

はなまるグループのオンライン授業についてお知らせが届きました。

先週から、小学4年生になる息子は通常通りシグマTECHに通っています。 授業は、教室に通って参加するか、その授業にオンラインで参加するか、毎回選べるようになっています。 毎回選べる、というのがとてもいいです! 4月1日の大雨の日は、オンライン授業に…

子どもの心をそだてよう3 〜子そだての視線は子どもの未来に向けよう〜

子どもと離れている間、親は頭の中で子どものことをいろいろ考えていますよね。 お友達と公園で遊んでいれば、安全に遊んでいるか心配。 お友達のおうちにお邪魔していたら、いい子にしているか? など。 私も、常にわが子のことは色々と気にかかっています…

子どもの心をそだてよう2 〜子どもを思いのままうごかさないで〜

子どもに、あれこれ指示ばかりしていませんか? 子どもがまだ入園前。 こんな光景に出会いました。 児童館で知り合いになったお友達がいました。 自宅に、遊びに行かせてもらったことがありました。 子どもたちが仲良く遊びはじめてしばらくして。 ママがそ…

子どもの心をそだてよう1 〜子供が自立できるために〜

子どもにまつわる問題をよく耳にします。 いじめ、家庭内暴力、虐待・・・。 この根っこにあるものは何なんでしょうか? 子どもが自立できていないから? 自立できていない子どもや、自立できないまま親になってしまった親。 問題を引き起こしているケースが…

amazon prime会員になってわかった7つのメリット~時短でお子様との時間を増やそう~

いつだったか?気づいたらはじめていた「amazon prime会員」。 おそらく会員になってかれこれ、7、8年はたっています。 今、この記事を読んでいる方で加入にまよっていたら、 まよわなくて大丈夫です! なぜなら、amazon primeに加入すると、時間の短縮にな…

スクールFCおすすめの本を買いました、春休み中の小学生のために5冊を紹介

2020年3月27日。 スクールFC(シグマTECH)から、春休みの課題について連絡が、メールで届きました。 おうちにいる小学生に、この春休みおすすめの楽しめる本のお知らせでした。 春休みとコロナ騒動が重なって、おうちにいる時間が長い小学生に、スクールFC…

見直したい、子どもへの何気ないひとこと19 〜いいこにしているのよ〜

『いいこ』って、どんな子のことを言うんでしょう? たぶん一般的には、人に迷惑をかけないということですかね。 人に迷惑をかけない、というのは大切な事だし、わが子も人には、迷惑をかけない子に育って欲しいです。 ただ、あまり言い過ぎるとよくないです…

見直したい、子どもへの何気ないひとこと18 〜いい子はがまんするのよ〜

大人がいういわゆる『いい子』とは、どんな子? "いうことをきき、我慢強くておとなしい子ども" つまり、大人が扱いやすい子ども。 こういう子どもは、本当にいい子なのでしょうか? 見直したいひとこと、『いい子はがまんするのよ』 言われた子どもは、"い…

見直したい、子どもへのひとこと17 〜あなたは私の夢なのよ〜

自分が実現出来なかった幼い頃からの夢。 自分の子どもに押しつけてはいませんか? 見直したいひとこと『あなたは私の夢なのよ』 幼い頃から、夢を押しつけられて、不眠症などの病気に悩む人もいるようです。 親が直接口に出さなくても、日常の会話ややりと…

見直したい、子どもへの何気ないひとこと16 〜あなたは算数が苦手なのね〜

誰にでも苦手なもの、ありますね。 でもその苦手、本当に苦手なのでしょうか? もしかしたら、苦手意識が働いているから苦手になっているだけかもしれないですよ! 見直したいひとこと『あなたは算数が苦手なのね』 苦手を苦手でなくするために まとめ 見直…

見直したい、子どもへのひとこと15 〜みんなに好かれるようになりなさい〜

みんなから好かれる我が子になってほしいと、親はみんな思っています。 あたりまえ。 さて、『みんな』というのは誰のことなのでしょうか? 親は何気なく言っている『みんな』は、『より多くのひと』という意味ではないか? ところが子どもは、そうは思わな…

見直したい、こどもへのひとこと14 〜こんな子をもって恥ずかしい〜

『こんな子をもって恥ずかしい』という言葉は、あるメッセージを放っています。 そのメッセージは、子どもの素直な感情を抑制するメッセージ。 こんな言葉を言われている子ども自身はどんなことを思うのか? 『自分は、親を恥ずかしがらせるこどもなんだな』…

見直したい、子どもへのひとこと13 〜お母さんを悲しませないで〜

おやが子どもへの強い要求ばかりしていると、子どもが本来もっている個性や可能性を伸ばせなくなります。 子どもみんなが、という訳ではないのだけれど。 例えば、町内会の子ども相撲大会に参加しようと言われたり。 出たくないのに、『お母さんを悲しませな…