だねだね子育て/子育てのこと、神楽坂・早稲田周辺の情報発信

子育て経験、日常の楽しいこと、役に立つこと、を紹介していきます。考え方や対応の仕方で、子育てって楽しめちゃいます。ミニマリストを目指しながら日々子育てを楽しんでいます。

早稲田大学に隣接、Uni.Cafe 125〜子供とくつろぐ素敵カフェ〜を紹介します

2021.3.24 追記。

こんにちは、『だねだね子育て』の『だね』です。

 

子育て情報の他、神楽坂・早稲田と周辺のお店を紹介さています。

 

今日は、早稲田大学に隣接する、お子様と行っても大丈夫な素敵カフェ、Uni.Cafe 125 を紹介します。

 

子供と一緒で大丈夫!気軽に入れる、子供とくつろげる素敵カフェUni.Cafe 125

 

学食とは違う、早稲田大学隣接の素敵なカフェを覗いてみましょう。

 

 

 

1.入り口(Uni. Cafe 125)

大隈重信像で有名な早稲田大学。

正門から入り、大隈重信像を左にみながらまっすぐ、つきあたり。

f:id:hukasara:20190216163451j:image 

そこに、スタイリッシュで雰囲気のいいカフェ、「Uni. Cafe125」があります。

 

大学キャンパスに隣接だということを忘れてしまうような外観に、寄ってみたくなります。

f:id:hukasara:20190216164119j:image

2.店内(Uni. Cafe)

中に入るとまず、早稲田大学グッズが販売されている早稲田Uni.Shopがあります。

f:id:hukasara:20190217152029j:image

トレーナーやTシャツ、マグカップ、シャープペンやミネラルウオーターなど。

 

たくさんの早稲田大学グッズが並んでいます。

 

受験生なら、このマグカップでお茶を飲みながらこのシャープペンで勉強したら、早稲田大学に合格するのではないか?

 

そう錯覚してしまいそうな不思議な空間です。

 

グッズショップの奥に、目的のカフェがあります。

f:id:hukasara:20190217152047j:image

f:id:hukasara:20210324161124j:image

ランチメニューも、おやつメニューもあるので、お腹が空いたお昼も、くつろぎおやつタイムも利用できるカフェです。

 

テーブルには40人程は座れそうな感じです。

中央に円形のカウンターがあり、7〜8人座れます。


気になるメニューは。

 

メインのお肉ボウルやお魚ボウル、どれにもサラダ・スープ・食後のランチコーヒーがついて880円です。

 

 お肉ボウルやお魚ボウル単品なら、500円!

 

 女性にはちょうどいい量かもしれないです。

 

 よく食べる方や男性にはちょっぴり物足りないかもしれません。

 

 そんなときは、スイーツを追加注文すればいいですね。

 

 

 今日は夕方1人だったので、カウンターにしました。注文したのは・・

 

シフォンケーキとコーヒー(早稲田ブレンド)。f:id:hukasara:20190216165431j:plain

🍪バレンタインが近いということで、クッキーを頂いちゃいました(コーヒー手前)。

 

 柔らかなシフォンケーキには程よい甘さのホイップクリームが添えられています。

 コーヒーによく合います!

 

別の日のおやつは、ガトーショコラで。

f:id:hukasara:20190220162529j:image

 

レジ前は写真のように、手作りケーキなどが置いてありました。

 

メニューはミニブラックボードに手書きで。

f:id:hukasara:20210324161440j:image

 

注)お会計で使える電子マネーがたくさんありましたが、peypayは使えないので、気をつけてくださいね。

f:id:hukasara:20210324161632j:image

 

21.3.24 追記。

久々にくつろいだ今日は、ホットカフェラテとバナナマフィンをオーダー。

 

コロナ禍にあるため、バナナマフィンはラップで包まれています。

f:id:hukasara:20210324162056j:image

お店の入り口以外にも、店内にも消毒液が設置されていました。

 

3.建物の外(魅力的なオープンデッキ)

 建物外には広いテラスがあります

 

けっこう席数が多くあります。

 

テーブルと椅子が配置された魅力的なオープンデッキになっています。

 

外なので、赤ちゃん連れや小さなお子様がいても大丈夫!

 

テーブルが大きくて、ゆったり4人座れ、日差しよけのパラソルもついています。

 

ママがくつろいでいる間、折り紙やぬり絵をよゆうでやれるくらいの広いテーブルです。

 

気兼ねなく美味しいランチやおやつを楽しめますよ。

f:id:hukasara:20190216174612j:image
テラスのテーブルから、カフェ前の大隈庭園が見えます。

f:id:hukasara:20190217152134j:image

f:id:hukasara:20190217152146j:image

f:id:hukasara:20190220162650j:image

広い庭園は親子連れやベビーカーを押すママさん同士、誰でもお散歩に入れるようになっています。

なので、

庭園を見ながらゆったりカフェランチもよし、

 

庭園で遊び疲れてカフェおやつもよし、です。

 

 

 ここなら、泣いたときの赤ちゃんの声や子供が騒ぐ声が、多少大きくても大丈夫。

 

周りの目を気にせずに、心に余裕をもってお子様に対応できますよ。

 

ランチやおやつの値段もリーズナブルなので、ママのお財布にも嬉しいです。

 

さいごに

 

おやつを食べに行った今日は、偶然早稲田大学の入試の日でした。

 

在学生の姿はほとんど見受けられず、カフェ内は受験生の帰りを待つ親御さん達でいっぱい。

 

私が店内に入る時、丁度受験が終わったのか?親御さん達はカフェの外へ。

 

頑張る我が子を、Uni. Cafeで応援していたのでしょうね。

 

我が子同様緊張する親御さんの心をホッとさせてくれるカフェでもあるのかもしれません。

   f:id:hukasara:20190216231149j:image


〜受験生必見!!!早大豆知識〜

大隈講堂の前でガイドツアー発見。

 

ガイドしているのは早大生です。

 

大学の歴史を、自身の学生生活におけるエピソードなどを交えて案内してくれるそうです。

一般の方々に大学に対する理解を深めていただくことが目的だとか。

 

大隈講堂、大隈銅像、総合学術情報センター(中央図書館)を回るキャンパスツアーを定期的に実施しているそうです。

 

早稲田大学を知りたい受験生と親御さんにはとってもありがたいツアーだと思います。

 

受験生のみなさん、そちらも併せてチェックしてくださいね。

 

Uni.Cafe公式ホームページ↓

https://unishop-cafe125.com/

 

早稲田大学に隣接する素敵なカフェ、Uni.Cafe 125を紹介しました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

読者登録、よろしくお願いします!