子育て、楽しみたい!

子育て経験、日常の楽しいこと、役に立つこと、を紹介していきます。考え方や対応の仕方で、子育てって楽しめちゃいます。子育てに関するお勧めを提案します。

富士山こどもの国キャンプ場でバーベキューを口コミ!手ぶらでらくらく。家族、サークルなどのグループにもオススメ

バーベキューしたいけど、バーベキューの道具は揃ってないし、キャンプ場って行った事ないから出来ない、と諦めている方、いませんか!?

 

手ぶらで行けるバーベキュー、今、全国の色々な場所でできるんですね!

キャンプ場だけとは限らないんです。

 

そして、子供と一緒に家族で、大学のサークル仲間と、気軽にバーベキューをしたいなら、富士山こどもの国がオススメです。

 

富士山子どもの国なら、バーベキューの前にも後にも、楽しめる事がたくさんあるからです。

f:id:hukasara:20190509234454j:image

 

富士山こどもの国の場所・概要

裾野ICから13kmほど、または富士ICから15kmほど。

富士サファリパークの近く、静岡県富士市桑崎に富士山こどもの国はあります。

f:id:hukasara:20190504234148j:image

 

富士山子どもの国の広い駐車場には、特に土日にはたくさんの車が朝からやってきます。

 

広大な敷地は、遊びの種類に合わせて、まち・草原の国・水の国にエリアが分かれています。

 

それぞれのエリアで、エリアに合ったアトラクションが出来るようになっていたりします。

A.まちエリア

子どもセンターという、ちょっとした児童館のような場所があります。

 

こどもセンターにはちょっとした図書館やしおりづくりコーナーなども。

 

レストランや休憩所があります。

 

園内のわからないことも、スタッフの方が親切に教えてくれました。

 

B. 草原の国エリア

手ぶらバーベキュー場はこのエリアにあります。

 

手ぶらバーベキューがしやすいように、売店を挟んで片側にあり、反対側は売店を利用するお客様ようにベンチとテーブルが置いてあります。

 

草原の迷宮・ススキ迷路などがあるので、バーベキューの後、挑戦。

 

小学3年生からできるパターゴルフ⛳️がありました。

 

我が家のしたの子がようやく小学3年生になったので、今年からはパターゴルフを家族で楽しむことが出来るようになりました。

 

牧場には羊やヤギがいてえさやりや、ヤギの散歩を体験できます。

 

えさやりはよくありますが、ヤギの散歩って、初めて!これは、富士山こどもの国だけかもしれない!?

 

となりの柵の中では、馬・ポニーに乗る事もできます。

 

ヘルメットをかぶって、飼育員さん?がたずなを引いてくれるので、安心して乗れますよ。

 

わんぱくの森にはアスレチックが!ターザンロープ、100m丸太渡なんてものも。

 

C. 水の国エリア

夏は、水着に着替えて水遊びが出来ます。

 

 カヌー体験もできますよ。

カヌーから落ちないように、気をつけましょう。

 

近くの池にはニジマス釣りを体験出来るコーナー。

釣ったニジマスは、塩をふって炭火で焼いて頂きます‼️美味しいですよ〜

実際に我が家が体験したニジマス釣りでは、2匹釣れました。

周りでも釣れている人はたくさんいらっしゃいました。

 

雪が降る冬には、雪遊びの場所に変身です。

スキーやスノーボードは出来ませんが、そりを持っていって、長い坂道を滑った記憶が。

f:id:hukasara:20190504234210j:image

 富士山子どもの国公式サイト↓

https://www.kodomo.or.jp/restaurant/bbq/

 

何回も遊びに行った事がある富士山こどもの国で、我が家は初めて、手ぶらバーベキューを体験してみたわけです。

 

わが家が体験した富士山こどもの国手ぶらバーベキューを紹介します

1.電話で予約する

 

   利用日の5日前までに電話予約、とありますが、テーブルに空きがあれば利用日に近くても大丈夫そうな感じでした。

 

電話で話したスタッフの受け答えの感じがよく、詳しく教えてくれました。

 

2.前日15時までなら変更が可能

 

  前日15時までなら、人数や食材パターンの変更ができます。

  1テーブル4人までの予約で、2人前の食材から予約することができます。

 4人だから4人前予約しないといけないわけではないんです。

 2人前予約していれば、他に好きな食材を持ち込む事ができます。

 

我が家は、大人2人・高校生1人・小学生1人の家族構成で、小学生はたくさんは食べないので、3人前を予約してみました。

f:id:hukasara:20190505232103j:image

3.富士山こどもの国キャンプ場に到着

 受け付けで説明を受け、支払いを済ませて、炭やトングをうけとります。

(食材は、炭に火がついてから、もらいに行きます。)

4.バーベキュースタート‼️

 予約セットに付いている着火剤と、周りに炭をいくつか置き、チャッカマンで火をつけてしばらくまちます。

f:id:hukasara:20190504181910j:image

風を送って、炭に火がつくように頑張ります。

炭の下の方に火がつきました‼️反対側にも火がつくように、更に風をおくります。

うちわなんかで。

炭全体が白くなり、火が着いたら、炭を足して火を広げます。

完全に火が着きました‼️

これで、バーベキューを楽しむ準備ができました!

食材を取りに行きます。

 

お肉・ウインナー・ピーマン・玉ねぎ・にんじん・トウモロコシ・そして焼きそばセット。

焼き肉のたれに、焼きそばソース。

 

お皿や箸は、予約した食材の数だけ付いてきました。

待ってました!!!さっそく、焼き始めましょう☆

f:id:hukasara:20190504182947j:image

こんな風に焼き始めて。

 

お肉の主は豚肉。

 

量は結構ありました。

 

大皿2枚に、①お肉と野菜 ②焼きそばセット が山盛りでした。

 

家から、タン塩やカルビを持って来ようかと考えたのですが。

 

面倒だったのでやめたんですよ。

 

持ってこなくてよかった、4人で3人前、ちょうどよかったねと家族で話したくらいです。

 

他の種類のお肉を食べたい場合は、4人で2人分の食材を予約して。

 

他に好きな種類のお肉や野菜を持ってきたらいいなあと、感じました。

 

お肉に比べて野菜が少なめだったので。

 

付属のタレは甘口なので、辛口好みの方は持参しましょう。

 

お肉の種類や野菜の量はともかく、美味しくいただけました。 

 

 5.バーベキューのかたづけ

炭は置いたままでいいそうです。

 

鉄板は専用の水道で軽く洗ってその場に立てかけておきます。

 

借りたトングやお皿など、決められた場所にかえします。

 

ゴミは持ち帰りなので、忘れずに持ち帰りましょう。

 

やってみて、こうしたほうがいいと思うこと

・上記でも紹介したように、野菜と他の種類のお肉がもう少しほしかった。

 次回は少し、もって行こうと思います。

 

・食材を予約する人数分のお皿や割り箸。

 少し紙皿や割り箸を余分に持っていくほうがいいですね。

 

・屋根が無いので、帽子をかぶりましょう、熱中症に注意です。

 

あったらいいと思うもの

手ぶらとはいえ、バーベキューに直接関係あるものではないけれど、絶対に必要だと思うものがあります。

①日除け用帽子

先程も書きましたが、富士山こどもの国の手ぶらバーベキュー場には屋根がありません。

 

まだ涼しい日がある5月の某日、気温はたいして高くなかったのですが、陽射しはたっぷり。

 

直射日光が、特に火元に気をつけてじっとしている大人の身体に降り注ぎます。

 

真夏とあまり変わらない紫外線から、お肌を守りましょう。

 

②虫除けスプレー・かみゆどめクリーム

バーベキューの季節、大抵は夏ですね。

 

肌を露出している割合が増えて、虫に刺される割合が増えます。

 

富士山こどもの国に入る前に、しっかり虫除けスプレーしましょう。

 

刺されてしまったら、かゆみどめクリームをぬるしかないです。

 

痒くて掻いてしまいがちですが、はるべく早く塗ってあげましょう。

 

③絆創膏

バーベキュー前も、バーベキュー中も、バーベキュー後も、子供は元気‼️

 

富士山こどもの国は富士山が噴火した時の大きな岩山が見えて沢山あります。

 

歩きなれない私達、調子に乗って岩山を歩いて転んだりします。

 

特に冒険心豊かな子供はダメだと言っても、危険なエリアに。

 

すり傷をつくることがよくあります。

 

絆創膏、必需品です‼️

 

④油が飛んできても後悔しない羽織りもの

バーベキュー楽しいのですが。

 

食材を焼いていると、たまに油が飛んできたりします。

 

油が直接肌に飛ばないように、羽織りものがあるといいです。

 

油だけでなく、パチッ‼️と言ったと思ったら、小さな火の粉が飛んできたり。

 

熱っ!

 

そんな油や火の粉に、大切な洋服をやられないよう、汚れてもいい羽織りものを1枚、ですよ。

 

 

 

 

 

 

さいごに 

 

草原の国でのバーべキューは、9時から15時まで。15時には片付けを済ませなければなりません。

 

もし、もう少しゆっくりしたいとか、夜のバーベキューがいいなと思う方は、こどもの国敷地内で泊まれる、パオの利用はいかがでしょうか?

 

パオは、夏休みにいいかもしれません。夜、天気がよければ、満天の星空を眺められること、間違い無しです。

 

<ほかに手ぶらバーベキューを紹介>

 宿泊施設と連携している場合が多いですが、日帰りでも利用できるようです。

 

問い合わせをしてみるといいですよ。

 

こんなサイトもみつけました↓

https://www.bbqgo.jp/

 

バーベキューの後は、広大な敷地でのんびり遊んで帰ります。

 

大自然の中でパターゴルフ⛳️やフリスビーを楽しんではいかがでしょう?

 

手ぶらでバーベキュー、今回は富士山こどもの国での体験談でした。

 

今回はとても気に入ったので、他にも手ぶらでバーベキューを体験してみようかなと思う、hukasaraです。 

f:id:hukasara:20190509234454j:plain

そこで、調べてみました。参考になりそうな手ぶらバーベキューの本。

 

 

夏休みや土日を使って富士山こどもの国はとってもおすすめです。

 

が、この本を参考に、手ぶらバーベキューに、日帰りで行ける場所をみつけたら、それも行ってみたいです!