だねだね子育ね

子育て経験、日常の楽しいこと、役に立つこと、を紹介していきます。考え方や対応の仕方で、子育てって楽しめちゃいます。ミニマリストを目指しながら日々子育てを楽しんでいます。

子どもの心をそだてよう11 〜問題処理能力をみにつけさせてあげる〜

f:id:hukasara:20200503180150j:image

大人でもそうですが、都合が悪いことがおこったとき、『あの人のせいで・・・』と思うことがありますよね。

 

責任を自分にむけるか、他人にむけるか。

 

責任を自分にむけ、どうしたらいいか?を考えるのは、結構大変なこと。

 

この、どうしたらいいか?を考える癖が出来ていると、未来が明るくなります。

 

うまくいかないことがあっても、『次は頑張ろう』と思えたり『今度はこんな風にやってみよう』と考えられます。

 

こう考えられるって、結構楽しいものなんです。

 

未来への希望ややる気がわいてきます。

 

 

幼少期から自分で考えさせよう

幼少期から、自分の仕事を任せてみませんか?

 

繰り返し自分の問題を解決していくので、早くから問題処理能力を身につけていきます。


親が過剰な保護をしないので、自分で悩みます。

 

自分で考えます。

 

さまざまな葛藤を経験します。

 

繰り返すうちに、悩んだり考えたりもほどほどに、深刻にはなりすぎない方法も学びます。

 

この学び、私は凄く大切な気がします。


親が保護できる安全な幼少期の間に、このような経験をさせてあげてほしいです。

 

保護されている中でなら、たとえ傷ついても、すぐに癒すことができるから。

 

安全な場から離れるようになってから、1人で学ばなければならないとしたら?

 

それはとても辛いことだと思うんです。

 

先回りはちょっと我慢して、自分で考えさせてあげましょう。

 

困ったら、サポートしてあげられますから!


未来のために考え悩むことが出来る、楽しい大人にしてあげたいですね。