だねだね子育て/子育てのこと、神楽坂・早稲田周辺の情報発信

子育て経験、日常の楽しいこと、役に立つこと、を紹介していきます。考え方や対応の仕方で、子育てって楽しめちゃいます。ミニマリストを目指しながら日々子育てを楽しんでいます。

お持ち帰りタコライス【tono cafe】のタコライスをテイクアウトした感想/江戸川橋

 

 こんにちは、『だねだね子育て』の『だね』です。 子育てに役立つ情報、神楽坂・早稲田を中心にその周辺情報をおつたえしています。

 

今回は、有楽町線江戸川橋駅から徒歩2、3分のテイクアウトができるタコライス屋さん【tono cafe】を紹介します。

 

 

お持ち帰りタコライス【tono cafe】のタコライスをテイクアウトした感想

 

 お店の特徴・営業時間など

東京メトロ有楽町線4番出口から徒歩2.3分のところに、タコライステイクアウトできる【tono cafe】があります。

 

以前から、【tono cafe】の前を『何のお店かしら?』と思いながら歩いていました。

 

なんだか気になっていたんです。

 

【tono cafe】は、タコライスを販売しているタコライス屋さんです!

 

江戸川橋のこちらの場所でお店を開いているのですが、

 

キッチンカーで移動販売もしているんだとか!

 

そういえば私も、飯田橋駅の広場で見た事があります!

 

このようなキッチンカー、見たことあるよという方もいるかもしれませんね。

f:id:hukasara:20210427141450j:image

営業時間

基本的に 平日:9時〜21時/土日:10時〜21時。

※コロナによる緊急事態宣言などにより、営業時間が短縮されることもあるので気をつけてくださいね

 

※店舗では、イートインおよびテイクアウトでの営業。(現在、感染防止対策のため店内でのイートインはできなくなっていて、生ビール等の酒類のテイクアウトは19時までになっています。)

 

デリバリー営業

デリバリー営業は平日:9時〜21時/土日:10時〜21時。

※雨天の場合は、デリバリー配達員が稼働できないため、臨時休業となる場合があります。

その際は、instagramおよびFacebookページにてお知らせしてくれています。

 デリバリーの利用は、ウーバーイーツ・出前館などがありますよ。

詳しくHP内にあり、そちらからデリバリー注文が出来ます。↓

http://tono-cafe.jp/menu/

 

【tono cafe】メニュー

タコライスのメニューは6つ。

 

あつあつライスに千切りキャベツ。

 

この上に、甘辛ひき肉やアボカドがのっていたりとろけたチーズがのっていたり。

 

トッピングはまだまだあります!

f:id:hukasara:20210427134345j:image

f:id:hukasara:20210427134400j:image

 

詳しくはこちらのHPをどうぞ。

http://tono-cafe.jp/menu/

【tono cafe】タコライスをテイクアウトしてみました

1つは、タイ風チキンタコライスを。

もう1つは、タイ風チキン&オリジナルの2種類が楽しめる『ハーフ&ハーフ』をテイクアウトしました。

f:id:hukasara:20210427135945j:image

↑いただく前の映像です。温玉はタコライス全てに付いてきます。

いただくときに自分で割り入れていただきます。

 

こちらはハーフ&ハーフの写真です↓

温玉を割りいれました。

f:id:hukasara:20210427140241j:image
f:id:hukasara:20210427140333j:image

重要なのは味ですよね。

 

正直に、めちゃめちゃ美味しいです。

 

あつあつごはんの上にのった千切りキャベツがしんなりして、

 

そこに割り入れた温玉がらとろ〜りからまります。

見た目よりボリュームがあります。

 

(自宅でいただいたので、残っていたお味噌も温めていただきました。)

 

大学生の息子でも満足できる程ボリュームありますよ。

 

小学生や女性なら、少し残してしまうかもしれないですが、

 

頑張って食べきったら、お腹パンパンでした。

 

 

私がテイクアウトを注文すると、『はい○○円です、少しお待ちください』と言って厨房へ。

 

タバスコが必要か?聞かれたので必要かどうかここで伝えます。

 

厨房は待っているお客さんから見える近い所にあります。

 

作っていただいている間に、○○円を出しておきます。

 

5分経過したかしないかくらいで、テイクアウト商品を持ってきてくれました。

 

店長さんだと思うのですが、穏やかな感じで対応してくれました。

 

子ども食堂~【tono cafe】さんの思い~

【tono cafe】の店長さん、第3日曜日のランチに子ども食堂をはじめたそうです。

 

4月第3日曜日、前を通った時に見た、集まっていた親子連れ子供たち。

 

子供食堂にきていたんですね!

 

【tono cafe】について調べていると、子ども食堂についての記事がありました。

 

コロナ禍で【tono cafe】も大変だというのに、子ども食堂を開こうと決意した店長さんの思いに心を打たれました。

 

店長さんの思いは、もっともっと広めるべきだと考えたので、記事を引用させていただき、掲載したいと思います。

 

おなかがすいてるのが続くとつらいよね。おいしいご飯で、おなかも心も満たして―。こんな温かい呼びかけのチラシを作り、東京都文京区の「タコライス専門店 tonocafe(トノカフェ)ガレージキッチン」(水道2)が、月1回の子ども食堂を店で始める。緊急事態宣言再発令で店の経営は厳しいが、コロナ禍でギリギリで踏ん張る家庭のために立ち上がった。初回は23日で、高校生以下に無料でタコライスをテイクアウトで提供する。 
カップ麺を2日に分ける家庭がある
 店長の殿岡賢人さん(38)は、12年前に店をオープン。ご飯にひき肉やキャベツ、卵などを盛り合わせた自信のタコライスを、日中はキッチンカー、夜間は店で販売している。

 支援するフードバンクなどを通じて、ガスや電気が止まったり、カップ麺を2日に分けて食べたりと、コロナ禍で収入が減り、困窮する家庭が増加している現状を知った。飲食業の自分にできるのは、「温かいご飯を一人でも多くの子どもに届けること」と考えた。

「うちなんか…」とためらわないで
 殿岡さんの店も「売り上げの減少が止まらない状況」という。再びの緊急事態宣言を受け、直近の1週間は「コロナ前から5割減」という。それでも、「明日食べるものに困っている人のために」と、賛同者から支援を募って開催にこぎ着けた。

 心配なのは「うちなんかがまだ甘えちゃいけない」「もっと苦しんでいる人は世の中にたくさんいる」と、苦しくても援助を受けることをためらう家庭があること。だから「気軽に誰でも食べに来て」と、ハードルを低くして来店を呼びかける。「コロナばかりでつらい思いや我慢することが多い。おいしいご飯を食べて、一人でも元気になってもらえれば」と殿岡さんは願っている。

(サイト『東京すくすく』より)

 

子ども食堂は第3日曜日、午前10時~午後2時です。

 

大人には通常料金750円(税込み)で提供なのですが、お子様の分は子供食堂でいただけます。

 

助けてもらいたいというお子様ももちろんですが、

 

【tono cafe】のタコライスを試してみたいというご家庭では、一度子ども食堂を試してみるのも有りかもしれません。

 

その時は、子どもの分をいただくだけでなく、大人の分も買ってくださいね

 

そして【tono cafe】のタコライスを気に入ったら、子ども食堂がない日でも利用して欲しいです。

 

問い合わせは同店=電話03(6902)9596 です。

 

  さいごに

 

今回は、タコライスのテイクアウトができる【tono cafe】を紹介しました。

 

ランチを準備するのが大変な日や面倒な日、たまにはテイクアウトしたい日に、ぜ

ひ活用して欲しいお店の1店です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

読者登録よろしくお願いします!

応援クリックよろしくお願いします! にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村